なんだかボールペンのような書き気分のシャープペンシル

絵画を描くのにたえず鉛筆を使っていました。
しかし鉛筆はすぐに地が丸くなってしまい、そのたびに抑えるのが悩みだったんです。
かといって、一般的なシャープペンシルは書き難く、芯がポキポキ服すると挿し絵を描く気力がそがれてしまう。
なにかよろしい売り物はないかと年々文房具店を物色していました。
とある際見つけたのが、鉛筆フォルムのシャープペンシル。
単に鉛筆の模型を模やるだけでなく、本当に鉛筆で描いていらっしゃるような感覚だったんです。
通常のシャープペンシルより芯のある地が短く、折れがたい組み立てになっているようです。
持ち手部分は鉛筆自身、書き感じも快適でした。
お金は300円と少数お高めですが、1本あればあとは芯だけ補充して沢山書き込めるのでまあまあの効率かなあと願い購入しました。
特に挿し絵はシャープペンシルで書くのが苦しく、今までずっと鉛筆で描いてきたんです。
こういう鉛筆フォルムシャープペンシルでなら絵画も腹一杯描けそうです。ひざ脱毛