思い出深い習字。筆を手にしてみたけど耐え難い。

はじめまして。
小児様の夏休みの宿題に習字がありました。
やってもやらなくてもともいいと言うので、お母さんと決めるではないか!
乗り気でない小児様…
イヤイヤ習字の装備をしていました(笑)

まずは、手本を見て「和食」と書くようです。
小児様ばらまき悪すぎて半紙の幾分以外が「ハーモニー」になってる!
筆のやり方も筆先をほとんど無視して、至極新鮮(笑)
まぁ…私も小児様の指導する近く賢くは書けませんけどね…
小学校のところ少々習った間近。

見極めるに見かねて私も書いて見た!
危ない…とても厳しいではないですか…
筆が私の思ったようにいかない…
何枚か練習して、私なりに頑張った作品を小児様に発表。
「女の子賢い!」って小児様、小児様よりは上手に書けた品質ですけどね。
では、小児様頑張って書いてみよう!
わたしは見入るだけだ(^o^)
習字って何十クラスぶりかにやってみたけど、気構え一律?集中力?なのかな…
やっててスッっとやる感じで、私だけだと思うけどお墓参りに行ってスッキリする感受性。
カラオケでリラックスもいいけど、静かな心のリフレッシュ手を見つけました。
また来季も習字の宿題決めるね!ミュゼ 100円 何回