お決まりとなったN・Mの疑心暗鬼とテーブルでのゼロ悶着

それにしてもちっちゃなグローブだった。あまりにも手狭だったので、途中からは玄人っぽく人差し指を出して使ってみたが、それでも使い勝手が向上したような精神はなかった。
「どうしたんだよ、そのやり方」
 箸を握り締めるやり方が覚束無いぼくとS・Kを確かめるや否や、真っ先に一大事に気付いたのはN・Tだった。
「ふとね」
 N・Hがグルリと見回すように交信に勤しんでいた面々に器用な苦笑をアイコンタクトと共々見せる。
「グローブが不可能だったね。いつか、買いに行こうか」
母屋からミットがボールを捕らえる調音を聞き付けるやいなや中庭まですっ飛んできたN・Hは、T・Mと引き渡してからざっと30分間S・Kの剛速球を受け切っていたので掌中はぼくと比べても遜色ないほど赤みがかっていらっしゃる。
「大して目線を泳がせてどうした。揉め事でもしたのか」
「違うよ。なぜ誤解するのかな」
N・Hは呆れかえったように少なく溜め息を吐いた。
「僕とオール目線をあわせないからだろう。皆さんを引き連れて何か疾しいことでもしてきたんじゃないのか?」ミュゼ 360円 予約